Entries

そこにあるのは、愛だけ。

友達の愛犬が、手術をすることになりました。
その子にとって、何が一番いいことなのか、悩みに悩み、一生懸命に決断したのだと思います。
今日は友達への、そして同じように悩む方々へのメッセージです。




思えばわたしも、ももおばあちゃんやなこといた頃、何度何度も何度も、治療の決断に迫られた。
人間だったら、「自分はこうしたい」という意思を確認できるから、ある程度はその軸に沿って治療を決めていくことができるし、その後どんな経過をたどったとしても、「本人がしたいようにした」と思うことができる。



けれど、愛犬の命は、すべて飼い主に委ねられていて、愛犬を大切に思えば思うほど、飼い主は思い悩む。
「長生きしてほしい、でも。」
「こんな治療、この子は望んでないんじゃないか」
「これは飼い主のエゴなんじゃないか」


共通の願いは、「ずっと一緒にいたい」、だ。
でもそれはきっと、相手も同じなんじゃないかと思う。
愛犬だって、そんなにまで自分を想ってくれる飼い主と、ずっと一緒にいたいと思う。



あの頃は、自分も悩んでいる中にいたから、見えにくかったこともあったけれど、今少し離れた場所から見ていると、そこには「愛」しかないように思う。
二人の間に、愛情の交換が見える。



病気になったことは、とてもつらい。
でも、それまでにはなかった、深い深い心の交流が、そこから始まる。



ハナがうちに来たばかりの頃、わたしが帰宅するなり倒れて、病院に駆け込んだことがあった。
病院についたらケロッとしていて、わたしはもう本当に安堵して、帰りの車の中、すごく変な靴で出てきた自分を少し笑いながら、「もう~心配したんだよ~」とハナに言ったら、見たことないすごく嬉しそうな顔をして、シッポを振ったことがあった。

あの子たちは何も、ごはんやおやつや散歩ばかりが嬉しいわけじゃない。
飼い主と、心が通うことが、本当に嬉しいんだと思った。




今、これでいいのかと、とても悩んでいると思うけれど、その中にいるとわからないかもしれないけれど、二人は愛に包まれている。
飼い主から愛犬、だけでなく、愛犬から飼い主にも、愛が注がれているのを、きっと実感しているはず。
二人は、愛の中にいる。




なこが病気になる度に、いつも思っていた。
病名を聞かされても、なこは何も変わらない。
いつものようにおいしくごはんを食べ、いつものようにゴキゲンで。



ももおばあちゃんだって、最期は苦しそうだったけど、でも、何も恐れていなかった。
恐がるのは、人間だけだ。
動物は、とても強い。



だけど、どうか怖がる自分を責めないで。
ただひたすらに生きるどうぶつから、もらえるパワーはとても大きいのです。
愛犬もまた、飼い主の力になりたいのです。


自分がお世話しているように見えて、いつもあの子たちに励まされていることを、わたしはいつも感じていました。
たとえ、弱ってしまった身体でも、愛が溢れてくる。
わたし達はいつも、お互いさまなのです。



飼い主の葛藤を、決断を、全て「愛」として受け取って、この子はとても幸せに違いないでしょう。




つっきー、大丈夫だよ。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まい

Author:まい
福岡県に住んでいます。                   自然がいっぱいのハナハウスに                なこと暮らしています。 

なこ

PA0_0531_convert_20100523170349③
2010年5月1日、ハナと同じ所                  から、黒パグの菜子(なこ)を迎え                  ました。この日を誕生日に。名前は、ハナの「ナ」をもらいました。    7歳です。                        5.9kgです。                          好きな食べ物:バナナ、パン    趣味:園芸  毎週火曜日に、犬の中学に通っています。植物係です。好きな教科:体育            現在お休みしています。        2012年7月7日、お星様になりました。享年7歳。

ハナ

PA0_0052_convert_20100523170551.jpg
5.6キロのちびパグ ハナです。  誕生日:うちに来た11月3日。                理想のタイプ・・・ムシャさん。    将来の夢は、空を飛ぶことと、コーヒーショップの店員でした。           2010年2月17日、8歳で虹の橋へ。 今は天国でふかし芋を食べています。

ももおばあちゃん

1211679305.jpg
2007年2月、知人より、                     10歳だったももおばあちゃんを                   預かりました。                           同年9月24日、虹の橋へ。                     わたしの人生の転機となった、重要人物。口癖:「まいちゃんは、もっと女らしくしないと」特技:無駄なジャンプ。        

フリーエリア

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: