Entries

虹の橋で、待ち合わせしよう。

前回の記事にコメントをいただいて、ハナへの気持ちに、ひとつの区切りがついたということに気づきました。
でも、ハナが消えてなくなったというわけではありません。









命のつながりについて、考えました。
よかったら、読んでみて下さい。
まずは、ハナと出会うきっかけとなった、わたしが初めて一緒に暮らしたパグ、ももおばあちゃんのことを・・。






4年前の夏。
おばあちゃんは闘病中で、わたしは約2ヶ月間、ほとんど寝ていませんでした。
あの頃、いったいどうやって生きていたんだろう、とよく思います。





昼間は家族に来てもらっていましたが、具合が悪いことはほとんどなく、わたしのいる夜から朝にかけて、咳や呼吸困難がひどくなるのです。
わたしは、おばあちゃんの背中をさすったり、鎮静剤の薬を飲ませたりして、おばあちゃんが少しでも楽になれるように必死でしたが、癌だったおばあちゃんの病状は、悪くなるばかり・・。





胸水が溜まっては呼吸困難を起こし、水を抜いてもらうと元気になって、の繰り返しで、わたしは天国と地獄を、行ったり来たりしている気持ちでした。




最後のほうは、胸水が溜まる間隔が短くなって、調子がいい時間はとても短かったのですが、それでも、おばあちゃんが元気になるつかの間の時間は、本当に、1秒ごとが宝石のようにキラキラしていました。




それでも、最期はとても苦しんで、わたしはおばあちゃんが亡くなった時、「おばあちゃんはもう楽になったんだ」とほっとした反面、「もっとこうしていれば・・」と後悔に押しつぶされそうな気持ちでした。









そんな出来事のあと、ハナはうちに来てくれました。
わたしがハナに望んだことは、たった1つでした。
「元気でいてくれたら、それでいい」




トイレが覚えられなくて、何度床を拭いたって、夜鳴きをして何度も起こされたって、全然イライラしませんでした。
もう本気で、「いいおしっこやウンチが出た、よかったな~」と思って床を拭いていました。
ハナが、苦しくなく息をして、健やかに眠っているだけで、幸せな気持ちになりました。
ももおばあちゃんが、もう長くないかもしれないと思ったときから、毎日言い続けてきた言葉・・。
「大好き」と「ありがとう」を、毎日ハナに言いました。
ももおばあちゃんに、伝えきれなかった分を、伝えるために・・。
そうして、わたしとハナは、絆を深めていったのです。





ハナとの日々には、その前にある、ももおばあちゃんとの暮らしが、確かに織り込まれていました。
ハナと暮らしながら、わたしはおばあちゃんと、もう一度生きたのです。



ハナとの暮らし以外でも、おばあちゃんに教わったことは、わたしの中に生きています。
そして今、ハナから学んだことが、なこに生かされています。
なこと暮らしながら、今またハナとも生きています。








姿は見えなくなっても、心の中に生き続けるというのは、きっとこういうことなのでしょう。
もう十分悲しんだから、「ハナを想ってずっと泣いていたい気持ち」にさよならして、少し前に進もうと思います。
ハナとさよならするわけではないので、寂しくはありません。
タイミングは今だと思うので、、自ら「えいっ!」と抜け出します。
必要な時間はそれぞれと思いますが、わたしはこのごろ、自然にそう思えました。


ハナ、ありがとう。
いつか、虹の橋でまた会おう。
6月10日オヤツ 012

にほんブログ村 犬ブログ パグへハナハウスより、愛を込めて。

6件のコメント

[C3559]

愛するワンコとの別れは人それぞれ…。
私はまいさんとは全然違うけれど、本当はまいさんみたいになりたいけれど、
それは一人一人違うのだから仕方のないことなんだなあって。
ハナちゃんへの気持ちにひと区切りついたまいさんの心境は少し分かるような、
でもやっぱりまいさんにしか分からないのかな、と思いました。
空の向こうの虹の橋でおばあちゃんとハナちゃんが待っているのなら、
お昼寝してるか雲を食べたそうにしている姿が思い浮かびました。
おそらく前者がももおばあちゃんで、後者がハナちゃんかな?(笑)
  • 2011-08-21
  • 投稿者 : みずほ
  • URL
  • 編集

[C3560]

まいさんのブログ拝見して、涙が出ました。まいさんと、ももおばあちゃん、ハナちゃん、そしてなこちゃんとの命の繋がり…本当に素晴らしいと思います。まいさんが、前に前進しようと思われた事、ももおばあちゃんもハナちゃんも、とても喜んでいると思います。私も豆吉といつか別れがきますが、虹の橋で、きっと会えると思っています。

[C3561]

このお盆は、とてもとても大きなきっかけが掴めたんだね。よかった。
ここまでくるまで、ずいぶん自分のキモチと戦ってきたんだろな。
大きな一歩だね!
ハナちゃんも笑顔であっちから見てると思う。
ハナハウスの本当のハーバー守護神になれたと思う!

この世とあの世。住んでいる世界は違うけど、これからもずっと心の中で一緒にいる。

私もこっちでまいちゃんなこちゃんと会っているとき、おばあちゃんはなちゃんも一緒にいる気がしてるんだよ♪
だからはなちゃんやおばあちゃんの写真を見ながら昔の話を聞くのがとっても楽しいです。
これからもこの世チーム一緒に笑って泣いて、あの世チームのこと思いだしていこう!!

[C3562] お返事♪

みずほさんへ
そうですね、乗り越え方も、その期間も、人によって全然違う。
わたしにとっても、おばあちゃんとハナの旅立ちは、それぞれ違う意味を持っていました。
おばあちゃんとの時は、こういうはっきりとした区切りみたいなものはあったかなあ・・。
ハナについては、ブログでもたくさんの言葉をいただいたので、今日まで本当にたくさん、みなさんに励まされてきたなあと思っています。
一緒に悲しみを共有してくださる方がいてくれて、本当に幸せでした。


まめさんへ
ありがとうございます。
亡くなった後も続く絆を、わたしはいつも感じているので、少しでもどなたかの励みになったら、動物との別れに、小さくても希望を見つけ出してくれたら、と思って書きました。


makichiさんへ
ありがとうございます。
今回の夢をきっかけに、ハナを、本当の意味で、送り出してやることができたような気がしています。
そうですね、守り神となって、ずっと見ていてくれるでしょう。
これからも、一緒に楽しい思い出、たくさん作っていきたいです♪
わたしも、つくしちゃん、はなちゃんの祖母として(?)、色んなことしてあげたい!
  • 2011-08-23
  • 投稿者 : まい
  • URL
  • 編集

[C3563] おそくなりました(苦)

ハナちゃんは、ハナハウスの花となり風となり、いつもまいさんと一緒(^―^)
お互いを忘れることはない、消えることのない絆で結ばれているのを感じます。

いつかまた巡り会える日を、
私もずっと待っています。

いつも、やさしいブログをありがとう(;。;)
  • 2011-08-25
  • 投稿者 : よもだんご
  • URL
  • 編集

[C3564] よもだんごさんへ♪

よもだんごさんへ
コメントありがとうございます。
わたしもいつも、ハナが身近にいることを感じます。
魂はもっと自由だと思うけど、お墓に埋めた骨だって、土に混ざり、草花の栄養となり、昆虫の餌になって、虫は鳥たちの餌になり・・。
いろんな形で何度も、ハナに再会しているのでしょう。
いつかまた、抱っこできる日がきたらいいなあと思います。
  • 2011-08-28
  • 投稿者 : まい
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://maimomo2008.blog25.fc2.com/tb.php/338-f95453da
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まい

Author:まい
福岡県に住んでいます。                   自然がいっぱいのハナハウスに                なこと暮らしています。 

なこ

PA0_0531_convert_20100523170349③
2010年5月1日、ハナと同じ所                  から、黒パグの菜子(なこ)を迎え                  ました。この日を誕生日に。名前は、ハナの「ナ」をもらいました。    7歳です。                        5.9kgです。                          好きな食べ物:バナナ、パン    趣味:園芸  毎週火曜日に、犬の中学に通っています。植物係です。好きな教科:体育            現在お休みしています。        2012年7月7日、お星様になりました。享年7歳。

ハナ

PA0_0052_convert_20100523170551.jpg
5.6キロのちびパグ ハナです。  誕生日:うちに来た11月3日。                理想のタイプ・・・ムシャさん。    将来の夢は、空を飛ぶことと、コーヒーショップの店員でした。           2010年2月17日、8歳で虹の橋へ。 今は天国でふかし芋を食べています。

ももおばあちゃん

1211679305.jpg
2007年2月、知人より、                     10歳だったももおばあちゃんを                   預かりました。                           同年9月24日、虹の橋へ。                     わたしの人生の転機となった、重要人物。口癖:「まいちゃんは、もっと女らしくしないと」特技:無駄なジャンプ。        

フリーエリア

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: