Entries

ハナ絵本 「なまえをもらった日」

ちびパグハナのはじめの一歩 
「なまえをもらった日」








2007年11月3日。
まいちゃんが迎えにきて、ハナという名前をつけてくれました。
はじめて見る外の世界は、まぶしくて、少し怖かったけど、
これからたくさん、楽しいことが起こるような気がしました。

PA0_0189_20100828125752.jpg








ここはどこなの?怖いよ。

お散歩は苦手。

おしっこは、どこでしたらいいの?

PA0_0262_20100828125829.jpg

KC280183_convert_20081102125324_convert_20081103000547_20100828130052.jpg

KC280002_convert_20081102125427_20100828134901.jpg
 








はじめてのことばかりで、何もわからなかったけど、
まいちゃんが一つずつ教えてくれました。

6.6抱っこすき








まいちゃんはハナに、
「ハナはおじさんに捨てられたんじゃないよ、まいちゃんが
お願いしてもらってきたんだよ」って、何回も言いました。

KC280151_convert_20081102130429_20100828130633.jpg








まいちゃんから毎日、「ハナが大好き」ってことばを
聞いているうちに、ふしぎと勇気が、わいてきました。
ハナは少しずつ、少しずつ、いろんなことができるように
なりました。

PA0_0656_20100828130708.jpg

PA0_0538_20100828130719.jpg








いろんな季節を、一緒にすごす。
PA0_0985_20100828135413.jpg

PA0_0530_20100828135224.jpg

PA0_0946_20100828135435.jpg

PA0_0066_20100828134753.jpg










何気ない日々が、一緒にいられることが、
こんなに幸せなことだなんて。

PA0_0908_20100828144834.jpg

PA0_0263_20100828134824.jpgPA0_0269_20100828135647.jpg

PA0_0792_20100828144808.jpg

PA0_0987_20100828144857.jpg








ハナはまいちゃんが大好き。
PA0_0915_20100828141523.jpg









まいちゃんも、ハナが大好き。
そのことが、こんなに幸せなことだったなんて!

PA0_0602_20100828135211.jpg








ハナは今まで、知らなかったよ。
PA0_0957_20100828141105.jpg









2人一緒なら、きっと何だってできる。
ハナはもう、怖いことなんて、なにもないの。

PA0_0042_20100828134808.jpg











ある冬の寒い日・・。
天使たちが、ハナを迎えに来ました。







寝顔を見ながら、そっと旅立ちたいので、
まいちゃんが寝ている間に行きます。







PA0_0379_20100828141825.jpg
まいちゃん、ありがとう。

ハナの命を、庭のライラックのお花に託します。
春がきたら、きっときれいに咲くでしょう。








まいちゃんが、気づいてくれますように・・。
PA0_0477_20100828143339.jpg

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

ハナ絵本 「The Day I Received My Name 」

今日はクリスマス。
ハナハウスは、ホワイトクリスマスになりました。



ハナの絵本を読んで、チャンドラさんとサリーさんが、文章を英訳してくださいました。
とっても嬉しいクリスマスプレゼントでした。



英語になると、世界中の人が読むことができます。
わたしは英語をほとんど話せないけれど、ひとつひとつの言葉を、思いを込めて訳してくださったことが、伝わってきました。

ハナの言葉が、キラキラ輝いています。
本当にありがとうございました。


みなさまにも読んでいただきたくて、英語版ハナ絵本「The Day I Received My Name 」をお届けします。
素敵なクリスマスを・・。





                             ☆






ちびパグハナのはじめの一歩 「なまえをもらった日」 

「The Day I Received My Name」
           Translation by Sally and Chandora




November 3rd, 2007

The day Mai-chan came and picked me up, she named me Hana.

My first glimpse of the world outside the breeder's cage blinded me and made me feel a little scared.

But I also felt that perhaps something wonderful was about to happen.

PA0_0189_20100828125752.jpg
2007年11月3日。
まいちゃんが迎えにきて、ハナという名前をつけてくれました。
はじめて見る外の世界は、まぶしくて、少し怖かったけど、これからたくさん、
楽しいことが起こるような気がしました。











"Where am I? I'm scared."

Taking a walk is frightening.

"Where should I pee?"

PA0_0262_20100828125829.jpg

KC280183_convert_20081102125324_convert_20081103000547_20100828130052.jpg KC280002_convert_20081102125427_20100828134901.jpg
ここはどこなの?怖いよ。
お散歩は苦手。
おしっこは、どこでしたらいいの?












Everything was new to me.
Because it was all so bewildering, Mai-chan taught me
every new thing, one by one.

6.6抱っこすき
はじめてのことばかりで、何もわからなかったけど、まいちゃんが一つずつ教えてくれました。












Mai-chan said to Hana over and over,
"You weren't abandoned,
I asked your former owner to give you to me."

KC280151_convert_20081102130429_20100828130633.jpg
まいちゃんはハナに、
「ハナはおじさんに捨てられたんじゃないよ、まいちゃんがお願いしてもらってきたんだよ」って、
何回も言いました。












Hearing Mai-chan say, "I love you, Hana!" everyday,
I began to feel courage growing within my heart.

Therefore Hana could begin to live a normal life, little by little.


PA0_0656_20100828130708.jpg

PA0_0538_20100828130719.jpg
まいちゃんから毎日、「ハナが大好き」ってことばを聞いているうちに、
ふしぎと勇気が、わいてきました。
ハナは少しずつ、少しずつ、いろんなことができるようになりました。












Through every season, always together.
PA0_0985_20100828135413.jpg

PA0_0530_20100828135224.jpg

PA0_0946_20100828135435.jpg

PA0_0066_20100828134753.jpg
いろんな季節を、一緒にすごす。












Who would've thought we could be so happy
just living our normal lives, day after day?

PA0_0908_20100828144834.jpg

PA0_0263_20100828134824.jpgPA0_0269_20100828135647.jpg

PA0_0792_20100828144808.jpg

PA0_0987_20100828144857.jpg
何気ない日々が、一緒にいられることが、こんなに幸せなことだなんて。












Hana loves Mai-chan.
PA0_0915_20100828141523.jpg
ハナはまいちゃんが大好き。













Mai-chan loves Hana, too.
This is why we're so happy.

PA0_0602_20100828135211.jpg
まいちゃんも、ハナが大好き。
そのことが、こんなに幸せなことだったなんて!













Hana had no way of knowing that until now.
PA0_0957_20100828141105.jpg
ハナは今まで、知らなかったよ。













Together we can do anything.
Hana has nothing left to fear.

PA0_0042_20100828134808.jpg
2人一緒なら、きっと何だってできる。
ハナはもう、怖いことなんて、なにもないの。













One cold winter day, the angels came to take Hana home.

ある冬の寒い日・・。天使たちが、ハナを迎えに来ました。











Looking at Mai-chan's sleeping face, Hana thought,
"I'll leave quietly now.
Mai-chan, thank you!"

PA0_0379_20100828141825.jpg
寝顔を見ながら、そっと旅立ちたいので、まいちゃんが寝ている間に行きます。

まいちゃん、ありがとう。












Hana entrusted her life to the lilac bush in the garden.
Come spring, surely beautiful blossoms will bloom.


ハナの命を、庭のライラックのお花に託します。
春がきたら、きっときれいに咲くでしょう。










I pray Mai-chan will notice them...
PA0_0477_20100828143339.jpg

まいちゃんが、気づいてくれますように・・。

にほんブログ村 犬ブログ パグへメリークリスマス。ハナハウスより、愛を込めて。

ハナ絵本完成しました♪の巻

先週から、急に暖かくなった福岡。
昨日、今日は、3月上旬並みの気温です。







今日のなこは、布団の上で甲羅干しです。
PA0_0010.jpg「きもちいい~」
ね~、あったかいね~なこ~。










PA0_0011.jpg「ネムネム・・」
眠くなっちゃうね~。
なこは気持ちよくて、機嫌がよくて、布団の上でゴロンゴロン転がって、珍しくのぼせていました(笑)。
やっぱり、あったかいほうが、気持ちもルンルン(死語?)しますよね♪









寒い間、庭に出る気がしなくて、ちょっとさぼり気味だった庭仕事。






久しぶりに、ゆっくりなこと庭に出て見ると・・。
PA0_0005_20110206151906.jpg「コンニチハ」







春の訪れを告げる花、スノードロップが咲いていました!
PA0_0009.jpg「ハルデス、ハルデス」
わお~!
かわいい~!
なこ、見てごらん!
なこは、うしろで何をしているかというと、節分にまいた豆を、探しているのです(笑)。








春は、すぐそこ。
そして来週のハナの命日を目前に、手作りハナ絵本が、ついに完成しました。
ハナ絵本の内容は→コチラ
うれしい~♪
なんとなく、命日までに間に合わせたかったのです。
PA0_0004_20110206152006.jpgジャーン!!ハードカバーでつやつやです。










この、手に収まるような、写真L判の、小さな絵本。
32ページです。
ほとんどをひらがなにして、ページ割りなども、色々考えました。
PA0_0015_20110206152026.jpg









メモリアル絵本を作れるサービスはけっこうあって、ずっと作りたいと思っていました。
PA0_0016_20110206152034.jpg









でも、わたしがブログで使った写真は、全て携帯のカメラで撮影されている為画像が小さくて、普通の絵本にしようとすると、写真が粗くなってしまうのです。
PA0_0003_20110206152043.jpg









そんな中、ついにミニ絵本のキットを見つけることができました。
PA0_0002_20110206152051.jpg









表紙はキットを使って作り、本文は自分でパソコンから印刷します。
PA0_0001_20110206152058.jpg









でも、この小ささが、ハナらしくていい本になりました♪
PA0_0000_20110206152105.jpg裏表紙には、とびきりの笑顔(笑)。






ハナとの思い出を、凝縮したような、この絵本。
読むたびに、楽しかったことが思い出されます・・。
作ってから、何度も何度も読んでいます。
ハナ、これで、パソコンを開かなくても、いつでも会えるよ♪





にほんブログ村 犬ブログ パグへハナハウスより、愛を込めて。

絵本「ももおばあちゃんからの贈りもの」

絵本「ももおばあちゃんからの贈りもの」



わたしは、もも。
10歳です。
飼い主さんと離れたあと、まいちゃんとの暮らしにも、すっかり馴染んできたこのごろだけど。
どうやらわたしのところには、もうじき天国からのお迎えが来るようです。

PA0_0089_20110522125940.jpg







まいちゃんは、毎日泣いています。
きっと、おわかれを、予感しているのでしょう。


まいちゃん、そんなに泣かないで。
おばあちゃんは今、とっても幸せなのよ。





わたしがまいちゃんのところに来たのは、ほんの8ヶ月前。
おばあちゃんになってから出会ったのに、もうずうっと一緒に暮らしているみたい。

PA0_0099.jpg








なんだかわたしはまいちゃんのこと、孫みたいに思っていたのよ。


わたしはもうおばあちゃんなのに、まいちゃんはある日、わたしを喜ばせようと、ピーマンのオモチャを買ってきてくれた。

PA0_0139_20110522130056.jpg






せっかくだから遊んでみせたら、まいちゃんはそれはそれは喜んで、大笑いして。
それを見ていたら嬉しくて、年甲斐もなくオモチャで楽しそうに、遊んで見せた。

PA0_0094_20110522130002.jpg






まいちゃんが準備してくれた、イチゴ模様のベッドに入るときも、感謝の気持ちを込めて、大きくジャンプしてみせたら、まいちゃんはそれはそれは喜んで、大笑いして。
PA0_0084.jpg 
それからは、わたしがベッドに入ろうとするたびに、まいちゃんがワクワクしてこっちを見ているものだから、わたしは毎回、ジャンプをしなければならなかった(苦)。






本当に、孫みたいに思っていたのよ。
まいちゃんもなにか感じたのか、わたしのことを「おばあちゃん」って呼び始めた。
悪い気はしなかったわ。

PA0_0098_20110522130013.jpg






短い間だったけど、2人でお花見に行ったり、思い出もたくさんできた。
釣ったばかりのアジをいただいた時は、まいちゃんが悩みながら、一生懸命に、初めてさばいて、焼いて。
1匹ずつ、味わったりもしたね。

PA0_0123_20110522130115.jpg PA0_0120_20110522130125.jpg






まいちゃん。
わたし達は、死ぬことを、少しも怖いなんて、思ってないのよ。

動物の命は、人間よりも、ずっと短い。
次々に生まれ変わって、たくさんの人たちに、出会わなければならないの。
そうして、まいちゃんにも出会えたのだから。

PA0_0081_20110522125909.jpg






本当のおわかれじゃないこと、どうかわかってください。
おばあちゃんは、いつもまいちゃんの、心の中にいます・・・。

PA0_0105_20110522130042.jpg



追伸。おばあちゃんが天国へ行った後、春になるのを待っていて。
天国からまいちゃんに、お手紙出します・・。


ももおばあちゃんからの手紙

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

ハナ絵本 「旅立ちの時」

おうちができて、ハナハウスでの暮らしが始まって、2ヶ月が経った時、神様に言われました。
「旅立ちの時が来たよ」って・・。
6月12日  007












ハナはたくさん赤ちゃんを産んだ後、まいちゃんにもらわれて、人間との暮らしを、お勉強しました。
トイレは決まったところにすること、飼い主さんが寝ているときは、できるだけ起こさないこと、食べ物は勝手に食べちゃいけないこと、外では車に気をつけること・・。
8月1日 007






ハナはこの2年3ヶ月の間に、色んなことができるようになりました。




たくさん抱っこしてもらった。
お布団に入れてもらった。
歩けるようになって、お散歩もできるようになった。
走れるようになった。
海でも泳いだ。
6月28日 013









カフェにも行った。
お友達とも遊んだ。
おいしいものもたくさん食べた。

そして、待ちわびたおうちも、ついにできた。
PA0_0899_20120218092849.jpg








ハナはもうこれ以上、ほしいものなんてありません。
神様は言いました。
「幸せになりたがっている子が、他にもいる、迎えが来るのを待っている」と・・。







ハナは、ずっとこのまま、まいちゃんと一緒にいたい気もしたけれど、この場所を、他の子に譲ることにしました。
だってここは、いつかももおばあちゃんが、ハナに譲ってくれた場所なのだから・・。

そしてあの日、まいちゃんが迎えに来てくれて、ハナは本当に嬉しかったから・・。
6月21日 011










神様に、「またいつか、まいちゃんのところへ来れますか?」って聞いたら、
「いつかね、必ず会えるよ」って言われました。




ハナは、その言葉を聞いて安心しました。

そして、まいちゃんが寝ている間に、静かに天に昇って行きました。
2月17日のことです。

次に迎えられる子が、どうか幸せになってくれますように・・。


PA0_0959_20120218093432.jpg



にほんブログ村 犬ブログ パグへ

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まい

Author:まい
福岡県に住んでいます。                   自然がいっぱいのハナハウスに                なこと暮らしています。 

なこ

PA0_0531_convert_20100523170349③
2010年5月1日、ハナと同じ所                  から、黒パグの菜子(なこ)を迎え                  ました。この日を誕生日に。名前は、ハナの「ナ」をもらいました。    7歳です。                        5.9kgです。                          好きな食べ物:バナナ、パン    趣味:園芸  毎週火曜日に、犬の中学に通っています。植物係です。好きな教科:体育            現在お休みしています。        2012年7月7日、お星様になりました。享年7歳。

ハナ

PA0_0052_convert_20100523170551.jpg
5.6キロのちびパグ ハナです。  誕生日:うちに来た11月3日。                理想のタイプ・・・ムシャさん。    将来の夢は、空を飛ぶことと、コーヒーショップの店員でした。           2010年2月17日、8歳で虹の橋へ。 今は天国でふかし芋を食べています。

ももおばあちゃん

1211679305.jpg
2007年2月、知人より、                     10歳だったももおばあちゃんを                   預かりました。                           同年9月24日、虹の橋へ。                     わたしの人生の転機となった、重要人物。口癖:「まいちゃんは、もっと女らしくしないと」特技:無駄なジャンプ。        

フリーエリア

最近の記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: