Entries

今年も帰ってきたハーバーの巻

今年も、ハーバーが好きだったものをたくさんお供えして、2人をおびきよせ迎えます。
PA0_0604.jpg

おばあちゃんが好きだった、りんご、プチトマト、ゼリー、おもちゃ。
ハナが好きだった、コーヒー、パン、梨、ヨーグルト・・。

今はもう、なんでも食べていいはずだから、チョコレートでもカニでも、2人がほしがっていたものを供えればいいとも思うのですが・・。

どうしても、2人の体によさそうなものを、準備してしまう(笑)。








2人とも、おかえり。
PA0_0603.jpg「まいちゃん、ただいま・・」









PA0_0605.jpg「何か、おいしいもののにおいがするんだけど・・」
なこは頭上に、たくさんのごちそうがあることを知りません(笑)。
2人が帰ったら、分けてあげるからね。







この世とあの世は、どのくらい離れてるんだろう。
近いような気もするんだけどな。

みんないつかは必ず行く世界。


今はこの世チームで、力を合わせてがんばろう。

PA0_0608.jpg「うん、がんばろう~」

にほんブログ村 犬ブログ パグへハナハウスより、愛を込めて。

あの世とこの世のはざまで

ハーバーを送り出した昨日、夢を見ました。
忘れないうちに、書きます。





真っ暗な夜、わたしはハナと散歩しています。

そこに海が出てきて、ハナがバシャバシャ入っていこうとするので、わたしは「あぶないよ!」と言って、リードをつけます。

ハナは楽しそうに、波打ち際をバシャバシャしながら散歩しています。



途中、黒い犬が、わたしたちの間を横切りました。



1回目は気が付かなかったのですが、黒い犬がわたしたちの前を2回目に通りかかったとき、わたしはその犬が、なこだと気づきました。



一瞬、なこが生きているのか、ハナが生きているのかよくわからなくなりながら、でもなこに会えたことが嬉しくて、「なこ!なこ!」と頭をなでながら名前を呼んでいると、いつのまにか、ハナがいなくなっていました。





そこで目が覚めると、足元に、なこが寝ていました。
なんだか、この世とあの世のはざまにいたような、明け方の夢・・。
海の向こうには、ハナが帰る世界があったのかな・・。



そして今日、なぜか気分がすっきりとしてきて、「今を楽しく生きよう」と何度も思いました。



昨日まで、何かを見たり、聞いたりするたびに、「以前この場所に来た時、ハナはまだ生きていたな」とか、「これを買ったとき、ハナはまだ生きていた」とか、何をしてもハナを思い出すのが癖のようになっていたんです。
悲しいという気持ちとは少し違って、過去に戻ろうとする自分がいるというのか・・。


きっと、ハナの死を乗り越えていきたい自分と、ハナを思って、ずっとそこに浸っていたいという自分が、入り混じっていたのだと思います。

ハナのことは、これからもずっと好きだけど、でも、過去に戻ってばかりではいけないのですね。
なこと、今あるものを大切にして、ちゃんと生きていこう。
そしてハナと、また新しい形で生きていこう。

夢から覚めたとき、触ったなこの体が温かくて、生きてるんだな~と思ったら、とっても嬉しかった。





お盆が終わって、ハナは向こうに帰るとき、過去に引き戻されるわたしの気持ちを、一緒に持って行ってくれたのかな・・と思った出来事でした。
ハナ、ありがとう。
PA0_0073_20110816205237.jpg


にほんブログ村 犬ブログ パグへハナハウスより、愛を込めて。

虹の橋で、待ち合わせしよう。

前回の記事にコメントをいただいて、ハナへの気持ちに、ひとつの区切りがついたということに気づきました。
でも、ハナが消えてなくなったというわけではありません。









命のつながりについて、考えました。
よかったら、読んでみて下さい。
まずは、ハナと出会うきっかけとなった、わたしが初めて一緒に暮らしたパグ、ももおばあちゃんのことを・・。






4年前の夏。
おばあちゃんは闘病中で、わたしは約2ヶ月間、ほとんど寝ていませんでした。
あの頃、いったいどうやって生きていたんだろう、とよく思います。





昼間は家族に来てもらっていましたが、具合が悪いことはほとんどなく、わたしのいる夜から朝にかけて、咳や呼吸困難がひどくなるのです。
わたしは、おばあちゃんの背中をさすったり、鎮静剤の薬を飲ませたりして、おばあちゃんが少しでも楽になれるように必死でしたが、癌だったおばあちゃんの病状は、悪くなるばかり・・。





胸水が溜まっては呼吸困難を起こし、水を抜いてもらうと元気になって、の繰り返しで、わたしは天国と地獄を、行ったり来たりしている気持ちでした。




最後のほうは、胸水が溜まる間隔が短くなって、調子がいい時間はとても短かったのですが、それでも、おばあちゃんが元気になるつかの間の時間は、本当に、1秒ごとが宝石のようにキラキラしていました。




それでも、最期はとても苦しんで、わたしはおばあちゃんが亡くなった時、「おばあちゃんはもう楽になったんだ」とほっとした反面、「もっとこうしていれば・・」と後悔に押しつぶされそうな気持ちでした。









そんな出来事のあと、ハナはうちに来てくれました。
わたしがハナに望んだことは、たった1つでした。
「元気でいてくれたら、それでいい」




トイレが覚えられなくて、何度床を拭いたって、夜鳴きをして何度も起こされたって、全然イライラしませんでした。
もう本気で、「いいおしっこやウンチが出た、よかったな~」と思って床を拭いていました。
ハナが、苦しくなく息をして、健やかに眠っているだけで、幸せな気持ちになりました。
ももおばあちゃんが、もう長くないかもしれないと思ったときから、毎日言い続けてきた言葉・・。
「大好き」と「ありがとう」を、毎日ハナに言いました。
ももおばあちゃんに、伝えきれなかった分を、伝えるために・・。
そうして、わたしとハナは、絆を深めていったのです。





ハナとの日々には、その前にある、ももおばあちゃんとの暮らしが、確かに織り込まれていました。
ハナと暮らしながら、わたしはおばあちゃんと、もう一度生きたのです。



ハナとの暮らし以外でも、おばあちゃんに教わったことは、わたしの中に生きています。
そして今、ハナから学んだことが、なこに生かされています。
なこと暮らしながら、今またハナとも生きています。








姿は見えなくなっても、心の中に生き続けるというのは、きっとこういうことなのでしょう。
もう十分悲しんだから、「ハナを想ってずっと泣いていたい気持ち」にさよならして、少し前に進もうと思います。
ハナとさよならするわけではないので、寂しくはありません。
タイミングは今だと思うので、、自ら「えいっ!」と抜け出します。
必要な時間はそれぞれと思いますが、わたしはこのごろ、自然にそう思えました。


ハナ、ありがとう。
いつか、虹の橋でまた会おう。
6月10日オヤツ 012

にほんブログ村 犬ブログ パグへハナハウスより、愛を込めて。

2つの希望

わたしは、なこについて、2つの希望を持っています。



ひとつは、なこの病状が、これからもずっと安定していて、長生きしてくれるのではないかという希望。
もうひとつは、いつかなこが天国へ行ったあとも、魂はきっと続いていくという希望。
つながりは、消えてなくならないという希望です。

それは、ももおばあちゃんやハナが教えてくれたことで、わたしは今も、2人からの愛を感じています。







もうすぐハナが旅立って2年。
もうハナは、生まれ変わったのかな。
どこかで誰かに、かわいがられているのかな・・。



誰かにかわいがられているハナが、わたしとの記憶を失っても、幸せならそれでいいです。
一緒に過ごした記憶は、きっと潜在的には残っていて、ハナはもう、人間を恐れることはないでしょう。
それが、2人で生きた証です。





そんなふうに、その後の世界を感じ続けることが、わたしにとっての、もうひとつの希望であり、それがあるからこそ、なこのような子を迎えることができるのかもしれません。





かわいい子を失って、苦しんでいる方々の、ほんの小さな光にでもなれたらいいのにと思いながら、このブログを書いています。
CIMG4108_20110614142737_convert_20120208221548.jpg

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ パグへ

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まい

Author:まい
福岡県に住んでいます。                   自然がいっぱいのハナハウスに                なこと暮らしています。 

なこ

PA0_0531_convert_20100523170349③
2010年5月1日、ハナと同じ所                  から、黒パグの菜子(なこ)を迎え                  ました。この日を誕生日に。名前は、ハナの「ナ」をもらいました。    7歳です。                        5.9kgです。                          好きな食べ物:バナナ、パン    趣味:園芸  毎週火曜日に、犬の中学に通っています。植物係です。好きな教科:体育            現在お休みしています。        2012年7月7日、お星様になりました。享年7歳。

ハナ

PA0_0052_convert_20100523170551.jpg
5.6キロのちびパグ ハナです。  誕生日:うちに来た11月3日。                理想のタイプ・・・ムシャさん。    将来の夢は、空を飛ぶことと、コーヒーショップの店員でした。           2010年2月17日、8歳で虹の橋へ。 今は天国でふかし芋を食べています。

ももおばあちゃん

1211679305.jpg
2007年2月、知人より、                     10歳だったももおばあちゃんを                   預かりました。                           同年9月24日、虹の橋へ。                     わたしの人生の転機となった、重要人物。口癖:「まいちゃんは、もっと女らしくしないと」特技:無駄なジャンプ。        

フリーエリア

最近の記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: